火垂るの墓 の都市伝説「もうテレビ放送されない!?」

SnapCrab_NoName_2014-7-16_23-38-10_No-00

 

「火垂るの墓」の真実

ジブリアニメ「火垂るの墓」は、原作者である野坂昭如氏の実体験に基づいた物語。

実はその一部はノンフィクションでり、一部はフィクションだといいます。。

スポンサーリンク

アニメでは4~5歳に見える主人公のですが、実際には野坂氏の妹は1歳4ヶ月で亡くなったそうです。

つまりアニメのような可愛いおしゃべりはなかったわけで、妹の年齢についてはフィクションなのでしょう。

ただし、戦争のために幼い妹をなせてしまったという野坂氏の後悔は深く、それが晩年まで戦争反対を訴えたことに現れています。

何と野坂氏は、妹に食べさせるための食糧まで、空腹に耐えられずに手をつけてしまったそうです。

そして自分の手で抱いた妹の息が細くなっていったこと、その亡骸を自ら埋葬したこと、そして妹の骨をあのドロップ缶の中に入れて持っていたことは事実だといいます。

 

火垂るの墓はもうテレビ放送されない!?

SnapCrab_NoName_2014-12-12_22-22-16_No-00

毎年、8月15日の終戦記念日が近づくと、第二次大戦にまつわるドラマや映画が公開されます。

「火垂るの墓」も、戦争による貧しさから幼い妹を餓死させてしまった兄の悔恨の物語

何回見ても泣くアニメ映画だけに、「泣ける」ものを探している現代人にはテレビ放送を心待ちにされていそうなのですが、テレビ放送はもうされないという説が出ています。

この都市伝説は、2011年以降から噂されるようになったもの。

というのも、映画の公開から1988年から翌年の1989年、1991年、1993年…と、2011年までは一年おきにテレビ放送がされていたのです。

しかしここ3年は、誰もテレビで「火垂るの墓」を見ていないはず。

下に続く。。

スポンサーリンク

そこには、劇中で登場するサクマドロップの商標権が絡んでいるのではないかという都市伝説があります。

サクマドロップの生みの親である佐久間製菓は戦前の創業で、戦中には砂糖が手に入らなくなったことから一度廃業しています。

しかし戦後に復活すると、長男と三男が別の企業を起こし、サクマドロップの商標でもめました。

裁判の結果、サクマ製菓株式会社がサクマドロップスを、佐久間製菓がサクマ四季ドロップスを名乗るようになったのです。

そんなドロドロの背景が、名作アニメのテレビ放送を阻んでしまっているとしたら、嘆かわしいですね。

 

政治がらみでテレビ放送見合わせ?

SnapCrab_NoName_2014-12-12_22-24-8_No-00

「火垂るの墓」のテレビ放送は、視聴率が低下したから打ち切りになったという説もあります。

しかしその一方では、政治的な問題が放送を阻んでいるともいう都市伝説も流れています。

近頃やたらと隣国が日本を批判しているなどのニュースが飛び交うようになったのも、メディアが左翼化してきてあおっているのだという見方があります。

このアニメも、被害者ぶる日本人をイメージさせるとして放送されないようになったのかもしれません。

幼い子供が見れば、日本人は過去の戦争でひどい目に遭わされたと被害者意識にとらわれる可能性が高いでしょうから。

 

節子の声

SnapCrab_NoName_2014-12-12_22-26-27_No-00

節子の声を担当した子役・白石綾乃さんについても、ある都市伝説が流れています。

舌足らずで愛らしい節子の声は、てっきりベテラン声優が勤めていたのではないかと思わせるほどの名演

しかし、実は当時6歳の少女だった白石さんが演じたものでした。

彼女の声質が変わってしまう前にと、絵を完成させるより前に声を先に収録したほど惚れ込まれたそうです。

歴史に残る名演だったにもかかわらず、白石さんは2012年の「火垂るの墓」イベントにも参加なし。

その理由は、白石さんの行方が全くわからなかったから。

日本にいれば、手を尽くせば見つかりそうなものですが、どんなに主催者が探しても見つからなかった白石さんは、諸々の背景を思うと消息が心配です。

 

スポンサーリンク

このページの先頭へ