キャプテン翼の都市伝説《韓国との関係》

キャプテン翼

 

キャプテン翼と韓国

日本のサッカーブームの火付け役である人気アニメキャプテン翼

世界でも有名なサッカー漫画で、このマンガをきっかけにサッカーを始めたという名選手も多いという。

世界中でコミックが発売され、アニメ放送もされたこの漫画。

もちろん海外では日本の漫画として発売・放送されているのだが…

お隣、韓国では

”サッカーで韓国よりも実績の低い日本の選手が強いのは納得できない”

と言い出し、キャプテン翼を日本の静岡県の子供の話ではなく、韓国人の子供という設定で書き直すように要求したという。

実際に韓国のアニメで「キャプテン翼」は現地名『キャプテンナルゲ』となっているのだ。

「ハン・ナルゲ」という主人公が韓国をワールドカップで優勝させるために努力するという物語に…。

下に続く。。

スポンサーリンク

ちなみに韓国のテレビ局のホームページには

-保護者の方へ

『キャプテンナルゲ』は全128話の長編アニメーションで「ハン・ナルゲ」という主人公が韓国をワールドカップで優勝させるために努力する過程を描きました。

と書かれているのだとか。

ナルゲの出身地は静岡県南葛市ではなく大韓民国忠清北道清州市(チョンジュ市)に変更されている。

 

キャプテン翼の影響力

近年の日本サッカー躍進の影の立役者といわれる「キャプテン翼」。

このアニメの影響は日本だけにとどまらず世界中におよんでおり、キャプテン翼の影響でサッカーを始めたというプロ選手が世界中に数多くいる。

日本人では中田英寿、世界的な名選手だとジダン、ロナウド、ピルロ、ジラルディーノ、デルピエロ、ザンブロッタ、ガットゥーゾ、インザーギ、トレゼゲ、フェルナンド・トーレス。

また、翼の移籍したFCバルセロナは作者を招待・入場無料としたり、ライバルであるレアル・マドリード側が

”なぜツバサをうちに入れてくれなかったんだ”

との声明を出すなど、世界のサッカーに与える影響も大きい。

特にイタリア、スペインで人気が高く、スペインでは非常に遅い動作のことを

”オリベル・イ・ベンジのシュートよりも遅い”
(アニメ版ではシュートを打ってから長い実況解説が入ることから)

と表現することわざまで生まれたという。
※オリベル・イ・ベンジとはキャプテン翼のスペイン版タイトル

主人公の大空翼がCFからMFに転向したことをはじめ、MFがゲームで最も重要なポジションと言う描かれ方だったため、Jリーグや日本代表においてはMFにタレントが集まり、逆にDFなど他のポジションの層が薄くなるなど、キャプテン翼が現在のサッカーにおいて『中盤のタレントが飽和状態』という状況の原因を作り出したとも言われている。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ