猫の恩返しの都市伝説「耳をすませば」との隠された関係

SnapCrab_NoName_2015-12-26_0-14-49_No-00

子どもから大人まで幅広い年齢に人気のあるジブリ

宮崎駿監督の作品は世界中を虜にしていますよね。

そんなジブリ作品ですが、実は色々な都市伝説も噂されているのです。

スポンサーリンク

それは一つの作品に限らず、多くの作品に説が出ています。

今回はその中でも原作者が同じ「猫の恩返し」と「耳をすませば」についてご紹介していきます。

どちらもほのぼのとしたあたたかい作品ですが、どんな都市伝説があるのでしょうか?

 

「猫の恩返し」のメインキャラクターが「耳をすませば」にも登場?

どちらの作品も見たという人は感じたかもしれませんが、この2作品には見覚えのあるキャラクターが出てきます。

それが「猫の恩返し」で主人公と大きく絡むバロンと言う猫です。

SnapCrab_NoName_2015-12-26_0-17-23_No-00

お気づきかもしれませんが、この猫は「耳をすませば」でも登場してくるのです!

大きく違う点と言えば、「耳をすませば」に出てくるバロンは話さないけれども、「猫の恩返し」のバロンは人間と同じようにしているということ。

それ以外は風貌も名前も全く同じなので、同じ猫なのでは?という説があがっています。

 

2作品に登場しているキャラクターがもう一人いる?

実は先程紹介したバロン以外にも、2作品に登場しているキャラクターがいるのです。

それが「猫の恩返し」でムタと呼ばれている大きな猫です。

SnapCrab_NoName_2015-12-26_0-19-21_No-00

この猫もまた「耳をすませば」にも登場してきます。

「耳をすませば」ではムーンと名付けられている猫ですが、近所の子にはムタと呼ばれているシーンも。

「耳をすませば」の中で、主人公を不思議な世界に連れて行くキーポイントとなっている猫なので、「猫の恩返し」でも登場しているのでは?と噂されています。

スポンサーリンク

「猫の恩返し」は月島雫の初めて書いた作品?

先に公開された「耳をすませば」の中で、主人公の月島雫は作家を目指して奮闘しています。

SnapCrab_NoName_2015-12-26_0-21-8_No-00

作品の中では、色々な出会いをきっかけに一つの作品を作り上げるシーンも。

実はそこで作り上げた作品が「猫の恩返し」なのではないか?と言われているのです。

というのも、月島雫が作品を書き始める前と書いている最中には何度もバロンが登場してきます。

月島雫の妄想の中では、バロンが話している姿も出てくるほどです。

そういった点から、月島雫が初めて書き上げた作品が「猫の恩返し」なのではないか?と言われています。

 

「猫の恩返し」は月島雫がプロになってから書いた作品?

先程ご紹介した説と違うもう一つの説が、「猫の恩返し」は月島雫がプロになってから書き上げた作品というものです。

これは2作品の公開された時期から連想されています。

先に公開された「耳をすませば」は1995年で、月島雫は当時中学3年生でした。

つまり15歳と言うことになりますね。

その後「猫の恩返し」が公開されたのは2002年の7年後です。

計算でいけば、月島雫は22歳になっている歳というわけです。

年齢的にもプロになっていてもおかしくないとして、月島雫が作家としてデビューしてから書いた作品が「猫の恩返し」だと言う都市伝説もあるのです。

 

「猫の恩返し」と「耳をすませば」にまつわる都市伝説はいかがでしたでしょうか?

これらはあくまで都市伝説ですので、どれが正しくてどれが間違っているのか?ということは作った人にしかわかりません。

ただ、そういったことを想像しながら改めて2作品を観れば、また違った世界観を楽しめるかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ